スバルで生産や販売がされている自動車のなかのひとつにフォレスターがあります。
フォレスターがスタートしたのは1997年のことで、およそ20年ぐらいの歴史があり伝統があります。
その名称の由来というのは、森をはぐくむ者という意味から来ているもので、スポーツ車でありながら、なおかつSUVの性能を備えているということが大きな特徴であると言えます。

SUV車というのは自動車においてはよく使われることが多い言葉ですが、一般的には多目的のスポーツ車ということになります。
つまり、あらゆる目的で楽しんだりすることのできるスポーツ車とも言えるということです。

スバル フォレスターの場合は伝統的なデザインがなんと言っても特徴的ですが、スポーツ車としてもゆったりとしたスペースの車内空間でドライブができることや運転をしにくい雪道や山道、下り坂などにおいても高性能なブレーキ機能が装着されているため、このような機能をいかして安全な運転もできるというドライバーにとっても同乗者にとっても安心して運転ができるという大きなメリットがあるものです。
これは全体的に重心が低いことで重量のバランスがとれたAWDという優秀なシステムによるものです。

関連記事

    None Found