NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。
まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。
NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。
これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。
期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。
一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。
そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。
ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。
割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。
もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。
NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。
つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通
常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。
ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。
ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。
ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。
ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?
もしあなたが投資の初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。
これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。
株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。
投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。
その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。
日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。
さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。
気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。
期間は最長5年までということになっていますが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。
積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。
投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。
上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。
ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。
NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。
とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。
銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。
決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。
独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。
なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。
現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資できません。
一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。
それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。
投資資金があまりないという方にもおすすめですね。
プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。
NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。
120万円の非課税枠は使い切りです。
枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。
もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。
枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。
NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?
考え方自体は実は非常にシンプルです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。
NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。
金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。
3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの枠が120万円だからその間におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAのリスクは主に2つあります。
まず一つ目は、NISAの仕組みです。
NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。
そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。
記事参照⇒NISA口座開設の必要書類は?【なぜ住民票がいるの?】

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?
取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。
ゆうちょや銀行などは、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。
NISAの最大のウリである非課税になるというのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。
可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAによる資産形成はちょっと前まで結構話題になっていましたし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。
ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。
口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。
私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。
老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。
将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。
バランスを崩さないように無理せず投資も。
といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。
基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。
とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。
投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、手続き可能ですのでまずはご安心ください。
ただし条件があって残高があると解約はできません。
証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。
もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。
必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。
いつでも解約できるという点は、iDeCoとの大きな違いです。
解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。
というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。
実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。
一旦売ってしまうという方法が一つあります。
それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。
これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。
この決められたNISAの投資枠をどうするかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

関連記事

    None Found